理事長メッセージ教育理念学園の沿革役員等の氏名財務状況
HOME > 理事長メッセージ
親和中学校・親和女子高等学校神戸親和女子大学神戸親和女子大学附属幼稚園
理事長メッセージ

さらなる挑戦を。「ブルー・オーシャンの教育」をめざして。

理事長

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
 さて、AIやIoTに代表される最先端技術の登場、グローバル化と少子高齢化の進行等々、私たちはかつて歴史が経験したことのない状況に直面しています。まさに未来が予測できない激動の時代の只中にいます。
 教育機関も、このような変化の只中で、さまざまな課題に直面しています。学習指導要領の改訂、大学入学共通試験の導入、グローバル社会の進展、そして止まるところを知らない少子化の進行。いずれも全力で取組むべき喫緊の課題です。
 私は、まずは、このような課題の解決に真摯に、かつ粘り強く取組むことが必要だと考えています。つまり、時代の要請に対応することが必要だと考えています。しかし、時代の要請に受動的に、その都度、対応するだけでは、未来を切り拓いていくことはできない。未来を切り拓き発展していくためには、時代の要請に応えていく過程において独自の教育的価値を創造していくことが必須の作業だとも思っています。
 しかしながら、教育的価値の創造の前に、私たちが拠って立つその教育理念が問われます。そして、その理念は時代の動向と要請と無縁ではありません。今日、時代が要請する教育の理念とは、「多様性」を教育の基軸とすることだと思います。多様性を包摂するinclusiveな教育を推進することだと思います。個性や文化の違いを尊重すること、考え方や感性の違いを認め合って共に生きることを大切にする教育。こうした教育理念を深く認識し基本にしてこそ、時代に対応する教育が意味を持ち、未来を切り拓くことが可能になってくるのだと思います。
 親和学園では、このような認識のもとに時代の要請であるさまざまな課題に取組む過程において、親和ならではの独自の教育的価値の創造をめざしていきたいと思います。さらに親和の伝統である「手作りの教育」を深化・発展させていきたいと考えています。
 教職員一同、今年も、子どもたち・学生たちと誠実に向かい合い、彼ら・彼女らが自らの手で生き生きとその未来を切り拓いていく教育を、すなわち、「ブルー・オーシャンの教育」を目指して、日々、努力して参ります。ご理解とご支援をお願い申し上げます。
 終わりになりましたが、今年がみなさまにとって良き年となりますようお祈り申し上げます。

2019年元旦
学校法人親和学園
理事長  山根 耕平




〒657-0022 神戸市灘区土山町6番1号 学校法人 親和学園